読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darudaru

だるだるしてるエンジニア

IFTTTを使ってslackに特定なアカウントのツイートを連携させる

わたしはKinKiKidsのファンです。大好きで、毎日情報収集に励んでいます。主にtwitterで情報を集めていることが多いのですが、山のようにツイートが流れてきて、見落とす情報が出てきたり、他にフォローしているアカウントのツイートが流れていってしまったり、うまく情報を把握できていませんでした。

そこで、情報収集に使用しているアカウントのツイートを別で管理をすることに。今回は、slackに情報を連携させることにしました。その時に使ったのがIFTTTです。

IFTTTとは

異なるWebサービス同士を連携することができるWebサービスです。イフトと読みます。

IFTTTの使い方

  1. IFTTTのアカウントを作成する
  2. レシピを作成する Webサービス同士を連携させるための設定情報みたいなものです。

IFTTTでtwitter→slackのレシピを作成する

今回やりたいことは、特定ユーザのツイートをslackに連携させる、です。では作っていきます。

  1. My Applets > New Appletを選択する
  2. 「this」をクリックして、サービスにtwitterを選択する
  3. 「New tweet by a specific use」をトリガーに選択する
  4. 連携したいアカウントを入力して「Create trigger」をクリックする
  5. 「that」をクリックして、サービスにslackを選択する
  6. 「Post to channel」をアクションに選択する
  7. 連携させる先のチャンネルやメッセージの形式など設定を入力し、「Create action」をクリックする
  8. 「Finish」をクリックする

これでレシピの作成は終わりです。実際に設定したアカウントでツイートがされると、

ifft_slack

このようにslackに連携されるようになりました。twitterのTLも見やすくなったし、これはいいぞ・・・!(`・ω・´)

他にもfacebookevernoteなど様々なWebサービス同士を連携できるので、試してみると面白いと思います。