読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

darudaru

だるだるしてるエンジニア

dein.vimを使ってみたらやっぱり便利だった

今までvimのプラグインをちまちまと個別でダウンロードしては使っていたのですが、プラグインを管理できるプラグインマネージャがあることを知り、使ってみました。

dein.vimとは

vimのプラグインマネージャ。前はNeoBundleが主流だったようですが、もう開発が終わってしまってるようなので、dein.vimを使ってね、とNeoBundleの開発者からアナウンスがあったそうです。

ちなみにNeoBundleよりdein.vimは速いらしい。ものすごく速いらしいです。

dein.vimのインストール

インストール先のディレクトリは必要に応じて変更をしてください。

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
$ sh ./installer.sh ~/.vim/dein/

dein.vimの設定

.vimrcにdein.vimの設定を追記します。インストールするときに.vimrcに記述する内容が出力されるので、それを基本的にコピペすればOKです。

私の設定はこんな感じ。

if &compatible
    set nocompatible
endif
set runtimepath+=~/.vim/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

if dein#load_state('~/.vim/dein')
    call dein#begin('~/.vim/dein')

    call dein#add('scrooloose/nerdtree')
    call dein#add('tpope/vim-fugitive')
    call dein#add('itchyny/lightline.vim')
    call dein#add('airblade/vim-gitgutter')

    call dein#end()
    call dein#save_state()
endif

filetype plugin indent on
syntax enable

if dein#check_install()
    call dein#install()
endif

今後、プラグインを追加したいときは「call dein#add(‘gitリポジトリ名’)」を記述してviを起動すれば、自動的にインストールされるようになりました。

この.vimrcがあれば、会社でも家でも同じ環境で開発できるようになりました。便利ー(´∀`)

ちなみにプラグインをtomlファイルを使って管理できるようなのですが、そんなに入れているプラグインが多くないのでそのままベタで書いています。.vimrcの行数が多くなってきたりしたら、tomlファイルの管理方法もやってみようかな。